楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/28 05:00

堤真一&石田ゆり子、映画初共演 堤幸彦が雫井脩介のサスペンス小説映画化

映画初共演を果たす堤真一と石田ゆり子 (c)2020「望み」製作委員会
映画初共演を果たす堤真一と石田ゆり子 (c)2020「望み」製作委員会

 俳優の堤真一と女優の石田ゆり子が、「クローズド・ノート」「検察側の罪人」で知られる雫井脩介のサスペンス小説を映画化した『望み』で、初の映画共演を果たすことが明らかになった。『トリック』シリーズの堤幸彦監督がメガホンを取る本作で、堤は主人公の一級建築士、石田は堤ふんする主人公の妻を演じる。脚本は、『サマーウォーズ』などの奥寺佐渡子が執筆。撮影は今年1月から約30日かけて東京都、埼玉県ほか関東近郊で行われており、今秋全国公開を予定している。

 累計発行部数15万部を超える原作「望み」(角川文庫刊)は、少年事件によって崩壊していく家族の姿をつづった作品。連絡が途絶えた息子の行方を巡り、事件の犯人であっても生きていてほしいと望む母親と、息子の無実を信じる父親の交錯していく思いを描き出す。原作を読んで映画化を熱望したという堤監督は、「誰もがイメージできる幸せな家族像」にこだわりキャスティングを行い、およそ4年かけて撮影に臨んだ。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >