2017/06/25 18:25

こうなったら要注意!キャリア女子の末期症状

神経ピリピリのキャリア女子、イネス(右) (C) Komplizen Film
神経ピリピリのキャリア女子、イネス(右) (C) Komplizen Film

 第89回アカデミー賞外国語映画賞候補にノミネートされ、世界各国の映画祭で40以上の賞に輝く映画『ありがとう、トニ・エルドマン』が全国順次公開中だ。名優ジャック・ニコルソンがほれ込み、ハリウッドリメイクが決定したことでも話題の本作で、ストレスのあまり人間性を失いつつあるヒロインの日常からキャリア女子の要注意な症状を分析してみた。

 ヒロインのイネス(ザンドラ・ヒュラー)は、ルーマニアの首都ブカレストにあるコンサルタント会社で働いている。大手石油企業の契約延長がかかった重要なプロジェクトを控え、神経が張り詰めた彼女の前に、ドイツで暮らすジョーク&変装好きの父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)がひょっこり現れたことから、彼女がいかに“ヤバい”精神状態にあるかが浮き彫りになっていく。

 イネスの職場での服装は常に体にピッタリとフィットしたスーツスタイルで無駄、隙がなくまるで“戦闘服”のよう。財界人の集まるレセプションに勇んで出かけ、取引先の役員のご機嫌を取りに行くもふとしたことで機嫌を損ねてしまい、八つ当たりをするかのようにスパでのマッサージにクレームをつけ、丁寧に謝罪する店員に食べ物を次々に注文。疲労がたまっているのか寝坊して顧客との約束をすっぽかし、「なんで起こしてくれないの!」と泣きながら父にわめくといったふうで、四六時中仕事に支配されている感だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >