2017/09/13 07:00

透けちゃってる…!エル・ファニング、ドリーミーな大胆ドレスで魅了【 第42回トロント国際映画祭】

スケスケドレスを見事に着こなすエル・ファニング Photo by Rich Fury Getty Images TIFF
スケスケドレスを見事に着こなすエル・ファニング Photo by Rich Fury Getty Images TIFF

 現地時間9日、第42回トロント国際映画祭でゴシック小説「フランケンシュタイン」を執筆した女性作家の半生を描いた映画『メアリー・シェリー(原題) / Mary Shelley』のワールドプレミアが行われ、主演のエル・ファニング(19)がレース地のドレスをまとった可憐な姿でファンを魅了した。

 『ネオン・デーモン』などへの出演で知られるエルがこの日着用したのは、アレキサンダー・マックイーンのピンクのレースドレス。上半身の肌が透けて見える大胆なドレスだが、彼女ならではのイノセントな雰囲気によってドリーミーに着こなすことに成功している。

 『メアリー・シェリー(原題)』は19世紀のイギリスが舞台とあって、エルが身に付けるクラシックな衣装の数々も見どころ。先進的な女性だったメアリーが詩人パーシー・ビッシュ・シェリー(『高慢と偏見とゾンビ』のダグラス・ブース)と恋に落ち、自堕落なパーシーとの生活で多くのものを失い、その悲しみと孤独によって「フランケンシュタイン」の怪物を生み出すさまを追う。

 サウジアラビア最初の女性監督ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)が、女性が書いたゴシック小説など誰も読みたがらないと、初めは匿名で出版せざるを得なかったメアリーの物語を映像化した。(編集部・市川遥)

第42回トロント国際映画祭は現地時間17日まで開催

【関連情報】
【ほか画像】エル・ファニング、透けちゃってる…!
ショック!15歳なのにみだら過ぎるダコタ・ファニング!飲酒してやさぐれて太もも丸だし!?
ダコタ・ファニング、官能的なのに16歳以下の子どもに見える!香水広告が挑発的すぎとイギリスで禁止に
17歳の米女優、デカすぎる胸を縮小手術 痛みに耐えきれず
脇毛ぼーぼーでレッドカーペット 26歳女優が話題に
日本刀で頭部切断し母親殺害「アグリー・ベティ」出演俳優、「神のお告げに従って母を切り刻み続けた」と衝撃告白!!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >