2017/09/29 10:30

美しい声の主が判明!トラン・アン・ユンが妻を起用し続ける理由

まるで絵画のような完璧な美しさ! (C) Nord-Ouest
まるで絵画のような完璧な美しさ! (C) Nord-Ouest

 村上春樹原作&松山ケンイチ主演の大作『ノルウェイの森』から6年半ぶりとなる新作『エタニティ 永遠の花たちへ』が9月30日より公開されるベトナム人監督トラン・アン・ユンが、本作のもう一人のヒロインとも言うべき妻トラン・ヌー・イェン・ケーの魅力を明かした。イェン・ケーは『青いパパイヤの香り』(1993)をはじめ5作にわたって監督とタッグを組んでおり、本作ではナレーション、美術を担当している。

 『エタニティ 永遠の花たちへ』は、アリス・フェルネの小説に基づき、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョという3人のスター女優を迎え、初めてフランスで撮り上げた“記憶”を巡るドラマ。3人の女性の生涯を通し、「生と死」が受け継がれていく“エタニティ=永遠”のきらめきを圧巻の映像美で描き出す。

 3人の女優とは「それぞれまる一日費やして登場人物に関する話し合いをした」という監督。荘厳な邸宅や、色とりどりの花々が咲き乱れ、草木が生い茂る庭を背景にした女優たちは、まるで絵画のような美しさ。とりわけ目を引くのが19世紀末フランスの上流階級に生まれたヴァランティーヌにふんし、10代から80代までを演じ切ったオドレイで、驚くほど違和感のない若返り、老いを見せている。その秘訣を監督はこう明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >