2017/10/20 12:41

ムキムキから激太り、うつにも…美人女優シャーリーズ・セロンが壮絶な肉体改造をする理由

映画『アトミック・ブロンド』よりシャーリーズ・セロン (C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
映画『アトミック・ブロンド』よりシャーリーズ・セロン (C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

 最強の女スパイを演じた映画『アトミック・ブロンド』で激しいアクションに体当たりで挑んだオスカー女優のシャーリーズ・セロン(42)が電話インタビューに応じ、壮絶な肉体改造への思いを語った。

 メガホンを取ったのは、スタントマン出身で『ジョン・ウィック』の共同監督を務めたことで脚光を浴びたデヴィッド・リーチ。本作でも、近年のアクション映画のようにカメラの激しい動きで“何か危険なことが起きている”と観客を錯覚させるのではなく、リアルにその場にあるシャーリーズの生身のアクションそのものを長回しで映し出す手法を取ったため、彼女はスパイにふさわしく見える肉体だけでなく、一連のシーンをノーカットでやる体力をつけることも必要だった。

 「2か月半の間、1日5~6時間のハードなトレーニングをした」というシャーリーズは、本作で一番きつかったのは「それは続けることね。体が本当に痛み出してもベッドから出て(笑)、現場に行かなくてはいけない。それが一番大変だった。なぜならその日1日だけ素晴らしく戦えればいいということではなく、(撮影の)3か月間、毎日素晴らしく戦わないといけないから」と明かす。「だから精神的にも準備をしないといけなかった。たくさんの筋肉痛や打ち身を乗り越えられるようなね。膝をケガして歯も3本欠けてしまったけど、そういうことがあってもやめることができない」と女優魂を見せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >