2019/01/30 23:22

代理母出産をめぐる女性の友情を描いたコメディー、主演女優らが語る

製作兼主演を務めた「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のアリシア・ライナー
製作兼主演を務めた「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のアリシア・ライナー

 テレビシリーズ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のアリシア・ライナーと「MAD MEN マッドメン」のクリスティナ・ヘンドリックスが、新作『エッグ(原題)/ Egg』について、1月25日(現地時間)、ニューヨークのパーク・アベニュー・スクリーニングで行われた特別試写後のQ&Aで語った。

 コンセプチュアル・アーティストのティナ(アリシア)は、黒人のボーイフレンド(ベンガ・アキナベ)と共にブルックリンのアートスタジオで暮らしていた。ある日彼女は、アートスクール時代の友人で、現在は裕福な投資家ドン(デヴィッド・アラン・ブッシェ)と結婚し妊娠中のカレン(クリスティナ)を自宅に招待した際、代理母出産で子供を持つ計画を立てていることを明かしたことから、さまざまな問題が生じていく。女優としても活躍するマリアンナ・パルカがメガホンを取った。

 主演兼製作を務めたアリシア。本作の脚本を初めて読んだのは10年も前なのだという。「これまであまりスクリーンでは聞かないような会話が盛り込まれていたことが気に入ったの。自分の頭で思っていても、みんなの前ではなかなか言えないことをストレートに言っている内容が良かったわ。それに親になる立場や人生に関してとても核心をついているとも思ったの。ただ、わたしには『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の出演もあって、長年製作に至らなかったの」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >