楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/21 17:01

キルステン・ダンスト、『スパイダーマン』で歯を矯正するよう要求されるも拒否していた

『スパイダーマン2』でのキルステン・ダンスト Sony Pictures Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ
『スパイダーマン2』でのキルステン・ダンスト Sony Pictures Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 女優のキルステン・ダンスト(37)が、映画『スパイダーマン』シリーズ(2002~2007)でヒロインのメリー・ジェーン・ワトソンを演じた際、プロデューサーから歯を矯正するよう要求されたが拒否したとnews.com.auに明かした。

 キルステンは「『スパイダーマン』では、プロデューサーの一人がわたしの歯を“完璧なバービー人形の歯”に変えさせようと、微妙な感じで強要しようとしてきたの。わたしは『いいえ、そんなことはしません』と言った」と当時を振り返る。

 同シリーズで嫌な思いをしたのはその時だけではなかったといい、「『スパイダーマン』では、彼らはわたしにあるスタントを何度もやらせようとした。天井から吊り下げて、簡単に言えば“バンジージャンプ”をするというやつ。わたしは本当にやりたくなくて、一度だけは挑戦したから、『これを撮影しておくべきだったわね。だってわたしはもう二度とやらないから。他の方法を探してください』と言った。本当に怖くて、嫌だった」と打ち明けた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >