楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/01 18:01

テイラー・スウィフトが『レ・ミゼラブル』を落とされた理由!

 映画『レ・ミゼラブル』(2012)のトム・フーパー監督が、人気歌手テイラー・スウィフトをエポニーヌ役に起用しなかった理由をVultureのインタビューで明かした。

 テイラーが同作のエポニーヌ役のオーディションを受けていたという話は有名。フーパー監督は「彼女のオーディションは素晴らしかった」と称賛しながらも、「テイラー・スウィフトが人から目を向けてもらえないような女の子だとは思えなかったんだ」とエポニーヌ役とは違うと感じたことを告白した。

 そんなフーパー監督だが、最新作『キャッツ』では真っ先にテイラーをキャスティングしたという。「彼女がミュージカルに興味を持っているのは知っていたから、僕が今作っている世界を見に来ないか? って誘ったんだ。それでプレゼンをしたよ」

 テイラーは『キャッツ』で妖艶な猫ボンバルリーナを演じたほか、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーと共に新曲「Beautiful Ghosts」を書き下ろした。フーパー監督は「まさか新曲を書いてくれて、作詞家としても参加してもらえるなんて思わなかったよ」と語った。(編集部・中山雄一朗)

【関連情報】
【写真】エポニーヌ役のサマンサ・バークス
実写映画『キャッツ』吹き替え声優キャスト【まとめ】
エド・シーラン、活動休止を発表
ジャスティン・ビーバー、2020年に新アルバムをリリース
『キャッツ』ワールドプレミア、テイラー・スウィフトら豪華キャスト集結!
『アナと雪の女王2』エルサを呼ぶ不思議な声“AURORA”の正体

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >