2017/05/12 22:00

二階堂ふみのインタビューに人としてのセンスを感じる

出典:「FUMI NIKAIDOU Official Web Site」より


ちょっと古いネタになってしまうんだが、4月30日に配信された『ORICON NEWS』による、女優・二階堂ふみ(22)のインタビューが、じつに濃厚な味わいだったので、その一部を紹介してみたい。
 
現在は、4月23日からスタートした連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)でヒロインを務める二階堂だが、2011年には映画『ヒミズ』で第68回ヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)、2014年には映画『私の男』で第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞……など数々の受賞歴を持つ、もはや押しも押されもせぬ“若手実力派女優”の一人だと言えよう。
 
とても頭が良い、人としてのセンスが秀でている子なんだろう。その非凡さはインタビュー回答の端々からも見て取れる。
 

──女優業に感じる魅力とは?
 
「映画だったりみんなでひとつのものを作る現場が好きという気持ちで、続けさせてもらってます。その現場の楽しさはずっと変わらないですね。お芝居というものは難しいけれど、面白いものだと思いますし、いろいろな役や作品を通じていろいろな方と出会える職業なので、これからも細々と続けていきたいですね」
 
──今、女優とは別にやりたいことがあるそうで…?
 
「まだ恥ずかしいので内緒なのですが、表現することとはまた違う分野です」
「それについては勉強中なので、また10年後くらいに取材していただければうれしいです……というより10年後に取材していただけるような人間になりたいと思っています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >