2017/05/19 22:00

納得!郷ひろみと松田聖子、すごさはココにあった

5月18日配信の『日刊ゲンダイDIGITAL』に、郷ひろみと松田聖子がいかにすごいか……みたいな内容の記事がアップされていた。「かつての恋人」ってことで並列させた人選ゆえか、そのカップリングに多少の強引さは否めないが、それなりに納得できる部分もなくはなかったので、とりあえずはcitrus読者の皆さまにもお伝えしておきたい。
 
まずは郷ひろみ。
 

元SMAPメンバーも「脱アイドル」に向けて取り組んでいるが、61歳になった今でもアイドルを続けているのが郷ひろみ。テレビで歌う姿は昔と変わらず。若手アイドルが束になってもかなわないオーラがある。アイドル維持には強い意志と努力が必要。基本は若さと体型を保つこと。そのために酒をやめ、食事に気を使い、日々のトレーニングも欠かさない規則正しい生活。24時間、アイドル・郷ひろみとして生きている。


あまり公言こそしていないが、じつのところ私は「郷ひろみベスト」を全曲iTunesにダウンロードしているほどの、いっぱしなHIROMI GOマニアだったりする。幸運にも一度、とある女性誌の取材でインタビューをさせていただいたこともある。さらには、郷自身からご招待いただき、コンサートにも二度行ったことがある。インタビュー直前には、マネージャーさんから「郷は煙草が大の苦手なので…」と、「煙草は吸わないでください」の念押しどころか(取材中、煙草を吸う失礼なインタビュアーはそうザラにはいないがw)、スタジオ内の灰皿をすべて撤去された。健康に対する自己管理の徹底ぶりをかいま見られる象徴的なエピソードである。
 
日刊ゲンダイDIGITALが記すところの「オーラ」もハンパなかった。そして、なにより増して、インタビューの語り口調も声も終始一言一句、1秒のスキもなく完ペキにHIROMI GOのままなのだ。「24時間郷ひろみ」にうそ偽りなし! もはや「標語」と呼んでもかまわないくらいの名言、いや格言ではないか。どこでどんな風に役立つ格言なのかは定かではないが……?
 
一方の松田聖子。すごさの根拠は以下のとおり。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >