2017/05/29 19:00

幼児なのになぜ!? 歌舞伎俳優の子どもたちが舞台を立派に全うできるワケ

2017年5月の歌舞伎座團菊祭五月大歌舞伎にて、女優寺島しのぶさんの長男寺嶋眞秀(てらじままほろ)くんが、初お目見えをしたことがニュースになりました。まだ4歳ながら「魚屋宗五郎」という作品で、酒屋の丁稚与吉役として立派にセリフを言い、祖父である尾上菊五郎とともに、芝居を大いに盛り上げました。5月の歌舞伎座では、眞秀くんの他にも新 坂東彦三郎の長男 侑汰くんが六代目坂東亀三郎として襲名披露をしています。こちらは、襲名披露ですのできちんと正座してのご挨拶。観客も目を細めて大喜び。やんやの大喝采でした。


襲名披露と言えば、2月には中村勘九郎の長男が勘太郎を、次男が長三郎を襲名し、かわいらしい二人の桃太郎でりっぱに舞台をこなしていたのも記憶に新しいところ。なんといっても歌舞伎座の公演は25日間、休みなしです。その興行を休まずやりきるというだけでもすばらしいことですね。


眞秀くん4歳。亀三郎くん4歳。勘太郎くん5歳。長三郎くん3歳。(襲名時)…なんとまあ、みんな幼児!幼稚園でいえば、年少さん、年中さんではありませんか。普通、年少、年中といえば日本語もおぼつかず、1日こっきりの幼稚園の発表会でさえ、ちゃんとやり遂せるのか危ういのに。事実、筆者の息子も「ああ、青い空だね」というたった一言のセリフが年少の幼稚園の発表会本番で出ず、親子で固まってしまった苦い思い出が……。どうして歌舞伎俳優の子どもたちはあんなに小さくても立派に舞台に立ち、25日間の長丁場を全うできるのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >

おすすめキャンペーン