2017/07/04 22:00

藤井四段もネタに!東スポの“笑撃”情報に感動すらおぼえる

昨年12月のデビュー戦以降、公式戦で歴代最多となる29連勝を記録した最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)が7月2日、東京・将棋会館で竜王戦決勝トーナメント2回戦に臨み、佐々木勇気五段(22)に101手で敗れ、30連勝を逃した。初黒星を喫した藤井四段は「連勝はいつか止まるもの。勝負どころなく敗れてしまったのは残念」と淡々と振り返った。


私は将棋にはまったく疎いので、この「29連勝」がどれだけの偉業なのかは正直あまりピンと来ないのだけれど、14歳という年齢と、その若さに似合わない風体や立ち振る舞いから生じるギャップには……やはり並々ならぬ凄味を感じてやまなかったりする。


で、そんな特異なキャラの持ち主を、あくまで「面白」の視点から骨の髄までしゃぶり尽くすことを常套とするのが東スポである。過去にも同様の手法で、アントニオ猪木・YOSHIKI・浪花のエリカ様こと上西衆院議員・野村貴仁(←このヒトを同じ壇上に置くのはサスガにいかがかとは思うがw)……ほか諸々、多くの“トリックスター”が東スポ紙面から誕生していった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >