2017/07/04 19:00

「能と歌舞伎」までARの時代。これってやりすぎなの?

出典「超歌舞伎公式サイト 花街詞合鏡」より

VR(バーチャル・リアリティ)という言葉についていくのが精一杯だったリアルバーチャンな私ですが、昨今はARですと。いやもう、ARってなんだ?って話です。オーグメンティッド・リアリティと言われたって全くわかりませんから、リタイアリタイア・オーノー・サンキュウ・サヨウナラとさよならしかけたら、まさかのニュースが伝統芸能のAR化とな。


ARを知らない人ににわか仕込みの知識を披露しますとARとは「人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術」。どちらかというと、VRが仮想世界を現実のように見せるのと違い、ARは現実をベースにそこに技術を加えているんですね。



■能を鑑賞中に「解説」をしてくれる?


まずは、能の世界のARです。ARメガネを装着して能を見ると、適切なタイミングで画面上に解説が現れ、セリフの意味や物語の内容が、目線を変えることなく理解できるとのこと。これはありがたい!2017年7月に実証実験が開始されるARメガネの対応言語は日本語と英語。初心者の日本人も観光客もずっと能の世界に入りやすくなるのは間違いありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >