2017/10/23 20:00

「怖い絵」展が大盛況なのは、作品に「残忍な情景が描かれているから」ではない

出典:「怖い絵」展オフィシャルホームページより

■「日曜美術館」の前に行け!?


美術館によく行く人たちの間では「行きたい展覧会は『日曜美術館』でやる前に行け」とよく言われている。ほんと、NHKの「日曜美術館」の影響力は大きく、良い展覧会ほど、放送後の混雑ぶりは凄いものになるのだ。


まあ、それはよく分かる。美術というのは、基本的にそんなに分かりやすいものではない。分かりやすくないのに、作品は見る人の側に思いっきり開かれていて、「さあ、好きなように見てね」と言っている。もちろん好きなように見てよいのだけど、そのためにも基本的な知識はあった方が面白いし、自分と絵を繋ぐ何らかの理屈はあった方が楽しめる。



■“先入観を持たずに見る”ための作法


よく、「先入観を持たないために、まっさらな状態で向き合いたい」とか言う人がいるけれど、あれはただの勉強不足の言い訳だ。何も知らない方が先入観を持ちやすいのは、知っている人はよく知っている。人間、自分が知っていることと目の前のものを結びつけて理解するのだから、何も知らないと、それまでの自分の美術とは何の関係もない知識だけで作品に向き合うことになる。それは下手な知識以上に邪魔な先入観だ。それでも感動出来てしまうのが名作というものだけど、その背景や歴史を知っていた方が感動は大きいのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >