2017/12/06 06:00

死後に行くのが花畑じゃつまらない!? 『DESTINY 鎌倉ものがたり』の山崎監督が考える“理想的な”黄泉の国とは

山崎貴監督

『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』を世に送り出し、ノスタルジー溢れる世界観にVFXの技術を織り交ぜた独特の表現で、世界を魅了し続ける日本映画界の至宝、山崎貴監督。2016年12月に『海賊とよばれた男』が公開されてから約1年が経ち、待望の最新作『DESTINY 鎌倉ものがたり』が12/9(土)より公開を迎える。


鎌倉を舞台としたどこかノスタルジックな世界で営まれる、堺雅人、高畑充希演じる一色夫妻の、愛に溢れたほのぼのとした日常。少し普通の街と違うのは、魔物や幽霊、死神が一緒に生活していること。


ある日、病に倒れた正和(堺雅人)が目を覚ますと、妻の姿が消えていた。夫への愛にあふれた手紙を残して──。なんと亜紀子(高畑充希)は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >