2017/12/19 21:00

メジャーリーグ成功への第一歩! 大谷翔平がエンゼルスを選んで「正解」だったといえる理由

写真:AP/アフロ

ポスティングシステムで日本ハムから米大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平選手(23)。契約金や年俸はともかくとして、本拠地がロサンゼルス郊外のアナハイムにある球団を選んだことは、体調的に正解でしょう。


現地で暮らす日本人に「なぜLAに住んでいるの?」と質問すると、ほぼ100%の人が「天気がいいから」と答えます。ロサンゼルスは、1年365日中300日以上は晴れていて、年間平均気温は約18度、湿度は低く、カラッとして過ごしやすいのです。


ロサンゼルスの“夏”は4月から10月の7ヶ月で、この時期の日中の平均気温は28度程度。湿気の少なさを考えると、運動には最適といえるでしょう。


アメリカはとにかく広い。場所によって気候の変化は極端です。ニューヨークやシカゴは5月でも寒く、雪も降ります。逆に夏場は暑く、40度近い気温になることも。フロリダは気温の高さはもちろんのこと、湿気の高さは半端なく、車から出るとメガネが曇るくらいです。アメリカ合衆国中西部に位置する中地区(MLBに属する6地区のひとつ)は暑さと寒さが極端で、日本人には体調管理が至難の業、となるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >