2018/02/28 15:00

「単純なホームドラマにするつもりはない」──水田伸生監督が明かした『anone』の裏側

ドラマ『anone』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)も終盤に突入。亜乃音(田中裕子)、持本(阿部サダヲ)、るい子(小林聡美)との共同生活に、家族にも似たやすらぎを感じる主人公・ハリカ(広瀬すず)。その一方、ニセ札作りを持ちかける中世古(瑛太)の存在がハリカたちの日々に影を落とすようになる。演出を手掛ける水田伸生監督は脚本家・坂元裕二の生み出す「優しさの中にも厳しさを散りばめたストーリー」を美しい映像で見せ、キャスト陣の演技を引き出している。今回、水田監督に本作への向き合い方を語ってもらった。


~ドラマ『anone』連動企画~

水田伸生監督 スペシャルインタビュー

■坂元裕二が描いた“ニセモノがはびこる世の中”


(C)NTV

──坂元さんとのタッグは『Mother』(2010年)、『Woman』(13年)に続き3度目です。坂元さんの書くものに変化はありますか?


水田:坂元さんの変化についていくのが大変ですよ(笑)。坂元さんって、自分の中に衝動があって、それをもとに物語を紡いでいるのだと思います。『Mother』なら、我が子を虐待する親への憤り。『Woman』なら、シングルマザーを生きづらさと貧困で苦しめるいまの社会への問題意識。さらに他局でもいろいろな作品を書いて、寓話性と世の中に対する疑問がより強まっている中、今回、知らず知らず世間を侵食している“ニセモノ”が、坂元さんのアンテナに引っかかっていることを強く感じます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >