2018/03/29 18:30

「女子的」演技から宇宙人アイドルまで! 志尊淳の魅力って?

出典:「志尊淳オフィシャルブログ」より

■ドラマで輝く20代俳優たち


1~3月期のドラマで特に目立ったのが20代男性俳優たちの活躍だ。『トドメの接吻(キス)』の山崎賢人と菅田将暉、『アンナチュラル』の窪田正孝、竜星涼、『海月姫』の瀬戸康史、『BG~身辺警護人~』の間宮祥太郎……と、ざっと思いつくだけでもこの充実ぶり。ビジュアルの良さに加え、確かな演技力と個性的なキャラクター造形を武器に、彼らは画面の中で確かな存在感を放っていた。


そんな中、異色とも言える作品で視聴者に鮮烈な印象を残した若手俳優がいる。近年、良作を多く生み出すNHKドラマ10で“女子”を演じた志尊淳である。


男性俳優が“女性”を演じる場合、もっともポピュラーなのはバーやスナックの“ママ”役。この場合はいわゆる女装姿で女性言葉を使って、おネエ的なキャラクターを強調するのがデフォルト。だが、志尊がドラマ『女子的生活』で演じた小川みき(小川幹生)はそれとはまったく異なっていた。高校生まで地元で男子として過ごし、地元を出てからはOLとして神戸のファストファッションのメーカーに勤務。合コンにも女性枠で参加し、同僚や上司たちもみきを普通に女性社員として扱って、社内や人間関係に妙な違和感や変な気遣いはない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >