2018/01/12 07:00

“2.5次元”ミュージカルで注目! 佐藤流司がTVドラマ&舞台の連動に挑戦

 海外公演も成功したミュージカル「刀剣乱舞」などの“2.5次元”ミュージカルで注目されている佐藤流司が、TVドラマ&舞台の連動企画「御茶ノ水ロック」に挑戦。今年、バンド活動もスタートさせた彼が、舞台と映像における芝居の違いなどについて語る。

父親の勧めで受けたオーディション


――幼少期から芸能界に憧れていたそうですが、そのきっかけは何ですか?

 7歳ぐらいのときに「人にやさしく」というドラマを観たのがきっかけです。そこに出ていた須賀健太くんが俺と同い年で、お芝居をしているのがカッコいいと思ったんです。でも、そのときは漠然とそう思っていただけで、特に自分から行動を起こすことはありませんでした。

――その一方で、空手とバンドをやられていたんですよね?

 空手は父親の勧めもあって、物心ついたときから習っていました。バンドは友達に誘われて始めたんですが、the GazettEというバンドの曲が好きだったこともあり、ヴィジュアル系の音楽をやるようになりました。そのときのパートはドラムでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >