2018/04/28 18:00

横山剣が語り尽くす野宮真貴の魅力 もしもデートできるならどこへ誘う?

 東洋一のサウンド・マシーン、クレイジーケンバンドを率いる横山剣さん。その常人の域を超えた旺盛なクリエイティヴィティにインスピレーションを与える源泉のひとつが、魅力的な女性たちの存在。これまでの人生で恋し憧れてきた、古今東西の素敵な女性について熱く語ります!

#001 野宮真貴


(C)文藝春秋

普段は親しみやすいのに
舞台に上がると別人に変わる

 僕が最初に野宮真貴さんの存在を知ったのは、1980年代初めのこと。ソロデビューアルバム『ピンクの心』や、その後に加入したポータブル・ロックというバンドのアルバムに、まずは興味を惹かれました。

 そして、決定的だったのはピチカート・ファイヴの衝撃。ピチカートは、初代ヴォーカリストの佐々木麻美子さんが在籍している時代から好きだったんですが、その後任の田島貴男さんを経て、90年に野宮さんを迎えた時、完成に至ったという印象を受けました。

 小西康陽さんと高浪敬太郎さんが作る音楽はもちろん、信藤三雄さんの手がけるアートワークとも、相性がぴったりでした。子どもの頃の僕が好きだった、モデルのツイッギーにも通じる美学がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >