2017/06/12 21:00

綾野剛『フランケンシュタインの恋』過去最低6.3%……役者の熱演を裏切り続ける「ご都合主義と雰囲気オシャレ」

 綾野剛演じる“怪物”が山から降りてきて、とびきりキュートなドタバタラブコメディを繰り広げた第1話から一転、妙にシリアスな展開で視聴者を振り落してきた日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)も第8話。視聴率は下がりに下がって6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最低を記録。しかし、おそらくこの第8話が同ドラマでもっとも面白い回になるのだと思います。ようやく、ドラマらしいドラマが見られました。

 これまでのレビューでも書いてきましたが、本作はとにかく展開が遅いドラマでした。第1幕ともいうべき怪物と人間社会とのファーストコンタクトを描くことに6話を費やし、第2幕に入ったのが前回の7話から。全10話予定と告知されていますので、「面白くなってきたら、すぐ終わっちゃう」という感じです。

 だからといって、前回や今回が文句なく面白いかといえば、そうでもありません。ここまで時間をかけてきた“怪物”にまつわるSF設定がガバガバで、視聴者を混乱させるばかりなので、気を抜くとイラっとしてしまいますし、集中しすぎてもイラっとしてしまいます。しかし、ちょうどいいテンションで、いい感じの出演者たちのいい感じのお芝居を眺めていると、「ああ、面白いな」と感じることができるという不思議なドラマです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >