2017/06/29 07:00

向井理……主役は当分無理!? 『神の舌を持つ男』に続き、自ら企画した映画『いつまた、君と』が壮絶爆死!

 向井理が自ら企画した映画『いつまた、君と~何日君再来~』が6月24日に公開されたが、興行通信社の調べによる「週末観客動員数ランキング」(同24日、25日)は初登場7位。邦画では、3週目の藤原竜也&伊藤英明主演『22年目の告白―私が殺人犯ですー』(1位)、上戸彩主演『昼顔』(3位)、2週目の滝沢秀明主演『こどもつかい』(5位)に大きく水をあけられた。

 本作は、向井の実の祖母の手記を、向井自ら7年間企画を温めて映画化したもので、過酷な戦中、戦後を明るく生き抜いた家族の愛を描き出した作品。監督は映画『60歳のラブレター』(2009年)、ドラマ『偽装の夫婦』(日本テレビ系、15年)などの深川栄洋、脚本は向井が出演したNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(10年)、NHK大河ドラマ『八重の桜』(13年)などの山本むつみが務めた。主人公である向井の祖母役・尾野真千子が主演で、祖父役を演じた向井は準主役の位置付けだが、実質的には2人によるW主演。13日に亡くなった野際陽子さんの遺作ともなったことで注目を集めていたが、フタを開けてみれば散々な興行成績となってしまった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >