2017/08/22 11:00

土屋太鳳の“頑張りすぎ”に周囲も心配 過密スケジュールでも「どんなオファーも断らないで!」

 ここ数年の朝ドラヒロインの中で、最もブレークした若手女優といえば、土屋太鳳をおいてほかにいないだろう。2017年はすでに『PとJK』、『兄に愛されすぎて困ってます』の2本の映画でヒロインを演じ、今後も『トリガール!』『8年越しの花嫁』と主演作の公開が待機している状態。来年以降も、『となりの怪物くん』『累 -かさね-』といった作品の公開が控えている。

 また、現在公開中のアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』では、主人公フェリシー役の日本語吹き替えを担当。主題歌「Felicies」を歌うとともに、作詞にも挑戦。来年1月には舞台『プルートゥ PLUTO』への出演も決定し、2月にはヨーロッパ公演も行われる。

 とにかく、マルチに大活躍中の土屋。相当な過密スケジュールになっていることは容易に想像できるが、芸能関係者はこう話す。

「映画を何本も続けて撮影するだけでも相当な忙しさなのに、初舞台が控えているというのは、尋常ではないと思います。映画の公開に伴うプロモーションもたくさんあるでしょうし……」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >