2017/08/25 19:00

“足立区のワル兄弟”原田龍二と本宮泰風「芸能界最強説」に証言続々! 

「実はあの人、強いらしいよ」という風評が流布されるのは、芸能界の常。古くはジェリー藤尾や渡瀬恒彦、今だったら宇梶剛士が有名であろう。ほかにもオール巨人や氷室京介など、役者界、音楽界、お笑い界といった幅広いジャンルで“最強説”はささやかれ続けている。

 これらの風評には“自称”と“他称”の2種がある。渡瀬や宇梶は前者にカテゴライズされるだろうし、一方で率先して過去のやんちゃエピソードを披露する芸能人も存在する。しかし、いまやネット社会。近しかった者による証言や証拠(画像など)により、真偽不明の“真相”が明かされることも少なくなく、結果的に元ヤンを自称して世に出る芸能人は減少傾向にある。今は気軽にギミックが使える時代ではなく、自称するにはリスクが大きすぎるのだ(ある時から、的場浩司も不良エピソードに封をしたといわれている)。


■“血の雨が降るお祭り”に率先して参加していた、若き日の原田龍二

 そんな中で気を吐くのが原田龍二だ。昨年末放送『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)でのアキラ100%との“裸芸”のコラボを契機に、新境地を開拓した原田。彼には温泉愛好家という側面があり、その個性はバラエティ畑で魅力を発信する重要な一要素として機能している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >