2017/10/26 17:00

スーパー外科医・大門未知子、ゆとり世代に医師としての覚悟を問う!『ドクターX』第2話

 米倉涼子がフリーランスの凄腕外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第2話が19日に放送され、平均視聴率19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.3ポイント下落となってしまいました。

 その前回、東帝大学病院とフリーランス契約を交わした未知子は、困難な手術を成功させたことで伊東亮治(野村周平)ら“ゆとり世代”の若手医師たちから一目置かれるようになりました。親子ほども年齢が離れた両者ですが、先輩医師に対して意見をきっちり通したり、院長回診を無駄だと判断し参加しないなど、その言動には相通じるところがあるのです。

 そんなある日、病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ挨拶に訪れた亮治の母・不二子(中田喜子)が吐血。内視鏡検査したところ、進行胆のう癌肉腫が見つかります。この腫瘍は切除が極めて困難であり、若手では成功例がありません。それを実の息子・亮治が成功させれば世界的なPRになる。そう算段した日本医師倶楽部の会長・内神田景信(草刈正雄)が蛭間に命じ、亮治が執刀医を務めることになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >