2017/10/30 20:00

14.0%堅調のTBS日曜劇場『陸王』は、確信と正解に満たされすぎて「ちょっと物足りない」

 今やすっかりドラマ界の“テッパン”となった池井戸潤原作・福澤克雄演出の日曜劇場『陸王』(TBS系)。第2話も視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、実に堅調。しかも、裏ではフジテレビが気合いを入れまくってカメラ120台を導入したプロ野球・日本シリーズが放送されてましたので、その強さたるや。たるや。

 というわけで、今回も振り返りです。

(前回のレビューはこちらから)

 埼玉・行田市で100年続く足袋製造業「こはぜ屋」を営む宮沢(役所広司)は、銀行から融資と引き換えに提案されたリストラを拒否し、工場はまさに風前の灯。なんとしても、新規事業であるマラソンシューズ「陸王」の開発を成功させなければなりません。

 こはぜ屋は、足袋作りのノウハウを応用することで、履きやすくて軽いシューズの試作品を完成させるものの、どうしても今まで使っていた地下足袋用の天然ゴムでは、ソールの耐久性に問題が。そんな折、ひょんなことから手にした「シルクレイ」という繭に特殊加工を施した素材が、シューズのソールに最適であることがわかります。ランニングの専門家である有村(光石研)の直感でも、大学で解析した結果でも「これ以上の素材はない」と。宮沢は、「陸王」の完成には「シルクレイ」が必須であることを確信しますが、「シルクレイ」の特許を持っている飯山社長(寺尾聰)は、会社を潰して行方不明。今回は、その死蔵特許となっている「シルクレイ」をソールに使用するために、まずは飯山社長を探し出すところから始まります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >