2017/11/12 10:00

山崎賢人に「試練の冬」か!? 日テレの“爆死枠”で連ドラ初主演も……

 人気若手俳優・山崎賢人が満を持して、連ドラ初主演に臨む。山崎は来年1月期の日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』(日曜午後10時30分~)で初めて、連続ドラマの主役に起用される。

 同ドラマは、『南極大陸』『クロコーチ』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)、『極悪がんぼ』(フジテレビ系)、『デスノート』(日本テレビ系)などを手掛けた、いずみ吉紘氏によるオリジナル脚本。愛を信じず、カネと権力だけを信じるクズホストの主人公・堂島旺太郎(山崎)が、目の前に突然現れたナゾの女(門脇麦)に、接吻を贈られ死亡。意識を取り戻すと、そこは見覚えのある7日前の景色で、タイムリープ(時間移動)して、同じ時間を繰り返す。ナゾのキス女によって、旺太郎は何度も“死”と“時間”を繰り返すというストーリーだ

 山崎は、2015年前期のNHK連続ドラマ小説『まれ』に出演し、パティシエとなる主人公・希(土屋太鳳)の同級生で、後に夫となる紺谷圭太役を演じブレークを果たした。その直後の同12月に公開された映画『orange-オレンジ-』では、土屋とのコンビを再結成し、興行収入32億5,000万円を上げるヒットに導いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >