2017/11/24 18:00

フジの連ドラ『明日の約束』、ついに5%割れで打ち切り圏内 傷心の井上真央は再び休業の可能性も……

 井上真央が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『明日の約束』(火曜午後9時~)が窮地に立たされた。21日放送の第6話の視聴率は4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、ゴールデン帯では禁断の5%割れし、ついに打ち切り危機を迎えた。

 初回は8.2%で2ケタに届かず。以後、6.2%、5.4%、5.8%、5.1%と低迷。第6話で、ついに4%台まで降下。ここまでの平均は6.0%で、今期の民放プライム帯(テレビ東京は除く)の連ドラの中でビリという惨状だ。

 同ドラマは、高校のスクールカウンセラーを演じる主人公・藍沢日向(井上)が、自身に告白をしてきた男子生徒が不可解な死を遂げ、その原因究明に動くヒューマンミステリー。仲間由紀恵、及川光博といった豪華キャストが脇を固めているが、数字には結びついていない。

 フジの「火9」ドラマは、系列のカンテレの制作枠。以前は「火10」だったが、TBS系の「火10」ドラマとの競合を避けるため、昨年10月期より放送枠が移動。1月期の『嘘の戦争』(草なぎ剛主演)は平均11.3%、4月期の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(小栗旬主演)は平均10.6%で2ケタ台を記録。しかし、前期の『僕たちがやりました』(窪田正孝主演)は平均6.1%で、現状2クール連続で爆死が続いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >