2017/11/29 13:09

引退の“暴行横綱”日馬富士、プロレス界から熱視線!?「ポテンシャル抜群」「ビール瓶を持って入場すれば……」

 29日午前、大相撲の横綱・日馬富士が日本相撲協会に引退届を提出し、受理されたことがわかった。平幕・貴ノ岩への暴行が発覚してから2週間余り。日馬富士本人は憔悴しきっており、師匠の伊勢ケ浜親方に相談して引退を決めたという。

 事件そのものは、いまだ鳥取県警や日本相撲協会の危機管理委員会による捜査・調査が継続中だが、結論を見る前に横綱自らが身を引いた形だ。

 一連の騒動は多くの好角家を落胆させたが、一方で、にわかに色めきたっているのがプロレス界だという。

「日馬富士は、決して力士として限界を迎えて引退したわけではありません。今年9月場所でも幕内優勝を果たしていますし、体力的には充実しているはずです。プロレス界としても、“元横綱”というネームバリューは、のどから手が出るほどほしいところ。オファーが殺到すると思いますよ」(格闘技専門誌記者)

 実際、大相撲の横綱を経てリングデビューした例も少なからず存在する。昭和30年代、力道山の誘いを受けてプロレス入りした東富士をはじめ、輪島、双葉黒、曙が、丸い土俵から四角いリングへ戦いの場を移している。いずれもトップに登りつめたとは言い難いが、もし日馬富士がプロレスに転向した場合、レスラーとして成功する可能性はあるのだろうか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >