2017/12/01 06:00

A級戦犯は脚本家・監督の板尾創路? 又吉直樹の大ヒット作『火花』がドラマに続き、映画も爆死!

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が執筆した小説『火花』(文藝春秋)を原作とした同名映画(菅田将暉、桐谷健太主演)が、11月23日に公開されたが、大爆死でのスタートとなってしまった。

 初週の「週末観客動員ランキング」(興行通信社調べ)は初登場3位にランクインしたものの、土日2日間の観客動員は8万2,400人で、10万人にも届かず。興行収入も1億1,100万円どまりだった。初日から4日間で見ても、動員16万2,400人、興収2億1,900万円にしかいかなかった。最近では、5週目を過ぎてもヒット中の『ミックス。』(新垣結衣、瑛太主演)の第1週の週末観客動員が18万人、興収2億3,500万円で、ざっと計算して、『火花』は、その半分にも満たなかった。

 改めて説明するまでもないが、小説『火花』は、2015年3月に発表され、またたく間にベストセラーとなり、又吉は「第153回芥川賞」を受賞。単行本と文庫本の累計発行部数は300万部を超える大ヒットとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >