2017/12/14 19:30

『FNS歌謡祭』ディーン・フジオカが“不安定な歌声”披露も、「音量ゼロで見ると、最高に幸せ」と歓喜

 国際派俳優でミュージシャンで映画監督のディーン・フジオカが、13日放送の生音楽番組『2017 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演。多くの出演アーティストたちがコラボステージを披露する中、単独で2曲を歌唱した。

 ディーンは、メル・トーメによる定番クリスマスソング「The Christmas Song」のカバーのほか、今月20日にリリースされる自身の新曲「Let it snow!」を披露。体を大きく動かしながらノリノリで歌い上げた後には、音が消えるタイミングでガッツポーズのような姿勢を取り、キメ顔。拳に握った“何か”を息でフッと吹き消すような動作をして微笑み、カメラ目線でアルカイック・スマイルを浮かべた。

 ディーンのあまりのイケメンぶりに、ネット上では「兎にも角にも美しい顔が文句なし!」「顔がキレイすぎて、歌が入ってこない」「かっこいいから、歌はド下手でも許す!」「音量ゼロにして見ると、最高に幸せ~」といった声が相次いでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >