2017/12/18 08:00

売り出し中の二世俳優・太賀、父親・中野英雄の名前が“NG”のキナ臭い理由とは?

 芸能界では、新田真剣佑(父親が千葉真一)、村上虹郎(村上淳)など、若手二世俳優の活躍が著しいが、その中でも高い評価を得ているのが太賀だ。今年の夏には、哀川翔がテレビ番組で、「気になる俳優」として太賀の名前を上げて話題になったが、彼を二世と括るには少々問題があるという。

 太賀は2006年に13歳でデビューし、その後、ドラマや映画に数多く出演。今年11月には映画『南瓜とマヨネーズ』が公開され、来年5月には『海を駆ける』の公開も控える太賀は、1990年代の名作ドラマ『愛という名のもとに』(フジテレビ系)の「チョロ」役で知られる中野英雄の息子だ。しかし芸能情報誌の記者はこう語る。

「太賀にインタビューをする際、父親の話をするのはNGではないのですが、『中野英雄の息子』という書き方をすると、チェックが入ります。2016年に『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)が放送されていた時には、中野英雄がTwitterで作品をPRするという一幕もあり、親子関係は悪くないようですが、『父は父、自分は自分』というのが太賀のスタンスのようです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >