2017/12/18 10:00

米倉涼子主演『ドクターX』最終回、3年ぶり25%超えで有終の美も……「終わる終わる」アピールに批判噴出!

 米倉涼子主演の人気医療ドラマシリーズ第5弾『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/木曜午後9時~)最終回(第10話)が14日、20分拡大で放送され、25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークし、有終の美を飾った。

 同シリーズで、視聴率が25%を超えたのは、第3シリーズ(2014年)最終回(第11話)の27.4%以来、3年ぶりの快挙。ただ、今シリーズの全話平均視聴率は序盤の不振が響き、20.9%どまりで、昨年の第4シリーズの21.5%を下回った。

 今話では、第9話のラストで倒れた大門未知子(米倉)が後腹膜肉腫ステージ3で、処置しなければ余命3カ月と判明。一方、食道がんステージ4Aと診断された日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)のオペは困難を極めるため、地方に飛ばされていた“腹腔鏡の魔術師”加地秀樹医師(勝村政信)が、「成功したら外科部長昇進」を交換条件に、東帝大学病院に戻ってくる。加地は影武者として、未知子に協力を要請するが拒否される。蛭間重勝病院長(西田敏行)は表向き、執刀医を内神田の息子である新米医師・西山直之(永山絢斗)とし、未知子の協力を取り付ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >