2017/12/20 22:30

元金メダリスト・内柴正人、準強姦の刑期満了で格闘技「RIZIN」から熱視線!?「事件のみそぎを……」

 2011年に起こした準強姦事件で懲役5年の実刑判決を受け、今年9月に仮出所していた柔道の五輪金メダリスト・内柴正人が15日午前0時、刑期の満期を迎えた。そんな内柴に、総合格闘技イベント「RIZIN」の関係者が「プロ転向を期待したい」と話している。

「知名度が高いし、総合格闘家としての素質は十分。事件のみそぎとするには、激しいプロのリングで戦うのが一番だし、世界の強豪に立ち向かってくれたらイメージを回復できる」(同)

 関係者は交渉の権限を持っていないとするが「共通の知人がいるので、個人的にも本人に興味がないか話をしてみたい」とした。

 内柴は仮出所後、アマチュア柔術大会に出場するなど、柔術家として再出発中だ。来年2月には都内で開催される「ヒクソン・グレイシー杯」にも出場する予定で、指導者の山田重孝氏も、世界大会への出場を目指す方針を掲げている。柔術は総合格闘技のベースになる競技でもあるだけに、RIZIN関係者からも注目を集めているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >