2017/12/29 13:16

「フューチャークロちゃん」が暴いたゲスで哀れで愛らしい男・クロちゃんは平成の“寅さん”だ!

 27日に放送された『水曜日のダウンタウン・2時間SP』(TBS系)。松野明美のもとに、反乱を起こした人工知能ロボットに対峙する未来の総理大臣となった自分(松野明美)から電話がかかってきて、松野がターミネーターから逃げ惑い、ついには宇宙に行くという企画もすごかったが(企画というより信じ込む松野がすごい)、そのあとに1時間にわたって放送された、ゲスとピュアの入り混じる人間の業を見せてクロちゃん(安田大サーカス)企画が、さらにすごかった。

「クロちゃんツイッター企画第2弾 フューチャークロちゃん」と題されたこの企画。

 

■「第1弾」ではクロちゃんの“嘘”が続々発覚

 

 もともとは「『起きたら人がいる』が結局一番怖い説」というドッキリ企画において、現場スタッフが「(新宿から自宅まで)ウォーキングしながら帰るしん!(しん~は口癖)」というツイートを鵜呑みにして、ドッキリ対象であるクロちゃん宅で準備していたところ、なんと歩かずにタクシーですぐさま帰って来て、現場が大慌てになったことで発覚した「黒川嘘ツイート常習疑惑」。それを検証するために「クロちゃん嘘ツイート監視企画」が行われ、1週間にわたって24時間、本人とそのツイートを監視。放送の中で多くの細かい嘘をついていることが発覚した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >