2018/01/07 10:00

月9“大コケ”で貧乏くじ引いた高橋一生 出演すべきは『anone』だった! 事務所は痛恨の判断ミス

 2017年に大ブレークを果たした、俳優・高橋一生。しかし、彼が出演した10月クールの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の最終回は平均視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、大コケとなってしまった。ドラマ事情に詳しいテレビ誌記者は、こう話す。

「篠原涼子、高橋一生、石田ゆり子と人気のキャストをそろえてこの数字というのは、あまりにもひどすぎますが、最近の月9の凋落ぶりを見ていれば、予想できた結果です」

 出演した月9ドラマが大コケすることは、俳優にとってはキャリアに傷がついてしまう。それが事前にわかっているのであれば、出演オファーを断るということもありうるはずだ。

「実際、最近の月9は、出演オファーが断られるケースも多いようです。やはり数字が悪いと出演者が戦犯となってしまい、“人気が下がった”というイメージがついてしまいますからね」(同)

 では、どうして高橋は、『民衆の敵』の出演オファーを受けたのだろうか? テレビ局関係者は、こう推測する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >