2018/01/18 10:00

セカオワ・Saori著『ふたご』直木賞落選もドラマ化の動き「NHKかフジテレビで……」

 日本文学振興会が、第158回芥川賞・直木賞の選考会を16日に東京・築地の料亭「新喜楽」で開き、直木賞に門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』(講談社)を選出した。候補にノミネートされていた人気ポピュラーバンド・SEKAI NO OWARIのメンバーSaoriこと藤崎彩織さん(31)のデビュー作『ふたご』(文藝春秋)は、受賞を逃す結果となった。

 それでも、選考委員を務めた作家の伊集院静氏は藤崎について「最初に書かれた作品としては才能がある。感性もいい。過去の素晴らしい小説と出会うと、とんでもない作家になると思う」とベタ褒めして、太鼓判を押した。

 そんな藤崎のデビュー作『ふたご』をめぐって、大きな企画が進展しているという。

「NHKかフジテレビで、ドラマ化しようという話が持ち上がっているようです。藤崎が所属する芸能事務所『TOKYO FANTASY』は、大手芸能事務所『アミューズ』の子会社なんです。親会社が映像化しようと動いているようで、そうなれば、NHKかフジテレビだろうと言われています。もともと『アミューズ』の上層部が両局に食い込んでいて昵懇の仲であるのは、業界では有名な話ですから」(芸能関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >