2018/02/06 18:00

コロチキ・ナダルの“テレビ的”じゃないリアクション イジられることを「仕事」と思わないから成立する仕事

 稀にバラエティ番組で「テレビ的なリアクション」なるワードを耳にするが、どういう意味だろう?

 例えば、さして熱くない熱湯に入り、火傷したかのようにのたうち回る。大して痛手じゃない秘密を暴露され、焦って狼狽する。作り手の意図に率先して乗っかる芸人らの忖度した態度を指しているように思う。

 揶揄しているわけではない。ガチとは異なる大向こう受けを意識したリアクションで笑いが発生。これが“芸”というものだ。

 一方で、本気の感情が敬遠されているわけでもない。ガチで痛がり、ガチで嫌がる。そんな姿は希少なだけに、バラエティでは際立つ。

 

■イジられるナダルの狼狽に嘘はない

 

 コロコロチキチキペッパーズのナダルは際立っている。彼はイジられると本気で嫌がり、本気で拗ねる。イジりを「仕事」とわきまえる芸人が多い中、彼の取るリアクションは新鮮だ。

 1月31日に放送された『有田ジェネレーション』(TBS系)にて「芸人ディスり合いバトル」が行われた。普段言えない相方への不満を、ビートに乗りながら言い合う企画だが、ここにコロチキの2人が登場。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >