2018/02/06 22:30

アニメも自作に乗り出した! 西武鉄道が目指すのは“秩父=アニメの聖地”の延命工作か

 西武鉄道が、秩父を舞台としたオリジナルアニメ『ちちぶでぶちち』を制作すると発表し、注目を集めている。秩父市出身の声優、黒沢ともよをヒロイン役に起用したこの作品は、約20分のショートムービー。3月公開予定で、順次情報を公開していくとしている。

 この作品の特徴は、西武鉄道とトムス・エンタテインメントが制作する本気度の高い作品だというのに、目的が秩父の観光PRということ。現在、明らかになっている情報では、お見合いをすることになったヒロイン・薫子が、幼い頃に出会った名前も知らない少年との再会を願い、かつて訪れた秩父の名所を旅するという物語。

 作中には、西武鉄道の運行する「西武 旅するレストラン『52席の至福』」のほか、長瀞や秩父神社など景勝地や名所が次々と登場。英語や中国語などの字幕も作成し、秩父の魅力を発信していく予定とされている。

 秩父といえば『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』で、一躍大勢の観光客が集まるようになった「アニメツーリズム」の先進地域。『あの花』は劇場版が2013年。『ここさけ』も15年と、公開から少し時間が過ぎてしまったが、いまだに現地ではイベントが開催され観光客を集めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >