2018/02/07 06:00

『anone』は脚本家の自己満足作!? “主演”広瀬すずがほとんど登場せず……自己ワースト視聴率を更新!

 いったいこのドラマは、どこに向かおうとしているのだろうか? 複雑で難解なストーリーが物議を醸している、広瀬すず主演ドラマ『anone』(日本テレビ系/水曜22時~)の第4話が1月31日に放送され、視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で自己ワーストを更新してしまった。

 これまでの視聴率は、初回9.2%、第2話7.2%、第3話6.6%と推移。回を追うごとに数字がどんどん下がっており、先行きが大いに心配されるところ。

「数字が示す通り、初回で多くの視聴者が脱落したと思われます。広瀬や脚本家・坂元裕二氏のファンはがんばって見ているようですが、ついていけず、視聴者が徐々に減っていっている状況。1話完結モノではないので、新たに見始める視聴者が一気に増えるとは考えがたいですね。ですから、ここから大きく巻き返すことは難しいのではないでしょうか」(テレビ誌関係者)

 初回では、さまざまな展開がしっちゃかめっちゃかに織り交ぜられ、視聴者の頭の中を混乱に陥れた同作。第2、3話では、天涯孤独の主人公・ハリカ(広瀬)と、印刷所を営んでいた夫を亡くした亜乃音(田中裕子)との交流に物語の軸が置かれ、随分見やすくなっていた。ところが、第4話では一転、余命宣告を受け、自殺を考えていたカレー屋店主・舵(阿部サダヲ)と、親しくなった“ナゾの女”るい子(小林聡美)がメインストーリーに登場。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >