2018/02/09 12:00

不人気のNHK大河ドラマ『西郷どん』 “救世主”は篤姫役の北川景子か?

 スタートしたばかりのNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時~)が、いまひとつ盛り上がらない。

 ネット上では、「薩摩弁が理解できない」「主役が鈴木じゃ、格が低すぎ。渡辺謙主演で見たかった」「キャストが地味」などとして、厳しい声も多い。

 初回視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、歴代ワースト2位の最悪発進。その後、15.4%→14.2%→14.8%と伸び悩んでいたが、第5話にして、自己最高の15.5%をマークし、風向きが変わってきた。

 近年の大河では、初回視聴率が最高視聴率で終わってしまうことが多く、昨年の『おんな城主 直虎』、15年『花燃ゆ』、13年『八重の桜』が、そのケース。それを考えると、『西郷どん』が、0.1ポイントといえども、第5話で初回視聴率を超えたのは明るい材料だ。

 第5話は「相撲じゃ!相撲じゃ!」で、藩主に就任した島津斉彬(渡辺)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず、重用すると宣言。父が流罪でいまだ謹慎中の身である大久保正助(瑛太)は斉彬のやり方に憤る。正助のため、西郷吉之助(鈴木)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり、殿の真意を問いただすと息巻く。そんな中、岩山糸(黒木華)に縁談話が持ち上がり、相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)だという。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らそうと、吉之助は絶対負けられない試合に臨む。島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中、相撲大会で波乱が巻き起こる……という展開だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >