2018/02/16 22:00

「離婚・再婚」「実家が火事」「親の恋人は同年代」……ハードな人生を歩んできた“二世タレント”たち

 一般的に二世タレントというと、金持ちで、私立の学校に行かせてもらい、小さい頃からチヤホヤされて……という印象がある。しかし、中にはかなり苦労している二世タレントも存在するのだ。

 まずは石田純一の息子・いしだ壱成。最近では19歳の女優・飯村貴子との熱愛が世間を騒がせたが、彼が女性関係で数々のトラブルを巻き起こしてきたのは誰もが知るところ。2003年に元タレントの三宅えみと結婚するも、06年に離婚。07年からはモデルの川合千春と交際を始めるが、一般女性と二股交際したあげく、一般女性が中絶&自殺未遂を繰り返したということで事務所を解雇。14年には11歳年下の一般女性と再婚するも17年に離婚。現在はバツ2状態で、同じくバツ2の実父と同じ道をたどっている。いしだがこれだけトラブルを巻き起こすのは、幼少期に苦労しているからだと話すのは、いしだに近しい芸能関係者だ

「いしださんは3歳の時に両親が離婚し、母親に引き取られてからはヒッピー的なコミューンで屋久島、八ヶ岳、アメリカのオレゴン州などで育ちました。そして16歳で父親の石田さんと再会した翌年の1991年、“石田純一の隠し子”として大騒ぎされた。多感な時期に相当ハードな環境で生きてきた彼の価値観が、一般人とズレてしまっていてもおかしくないですよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >