2018/02/28 23:00

亀梨和也&栗山千明の“ハムハムキス”は必見! フジ『FINAL CUT』が「もはやコント」

「質が高い」と評判の関西テレビ制作ドラマ枠において、「アレレ?」続きの脚本が視聴者をモヤモヤさせている『FINAL CUT』(フジテレビ系)。27日放送の第7話(20分拡大)の平均視聴率は、自己2番目に高い6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

 ワイドショーの印象操作を糾弾するというコンセプトはいいものの、それを生かしきれていない同作。また、KAT-TUN・亀梨和也演じる主人公をはじめ主要な登場人物のキャラがブレブレ。キャッチーな要素も多いのですが、どれもこれもうまく収拾できていない印象です。

 ああ、初回で出勤中の市民に向かって「いってらっしゃーい!」と絶叫していた主人公や、唐突に「てえへんだ、てえへんだ」と独演会をおっぱじめた百々瀬(藤木直人)はいずこへ……。今思えば、初回が一番ワクワクしたなあと……。そして、主人公のパルクール設定はどこ行った?

 いろいろ考えてもアレなので、早速、第7話のあらすじを振り返ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >