2018/03/01 06:00

「メダルが期待できるわけでは……」東京マラソン“日本新で1億円”に世界から失笑

 2月25日に行われた「東京マラソン2018」で、設楽悠太選手(Honda)が2時間6分11秒の日本新記録を樹立。ボーナスとして設楽には、日本実業団陸上競技連合から1億円が贈られるが、東京五輪でメダルが期待できるかといえば、それはまた別の話のようだ。

 設楽は東洋大学時代、双子の兄・啓太とともに箱根駅伝で活躍。3年連続で区間賞を獲得し、16年のリオ五輪にはトラック競技の1万メートル代表で出場した。今回が3度目のフルマラソンだった設楽は、いったん先頭集団から遅れたものの、ジリジリと追い上げて従来の日本記録を5秒更新。日本実業団陸上競技連合が3年前に設けた報奨金制度により、1億円のボーナスが贈られることになった。スポーツライターが語る。

「25日は気温が7~8℃で、風もなく日も陰っており、ランナーにとっては絶好のコンディションでした。かつての東京マラソンはアップダウンが多く、海沿いの風にもさらされるコースでしたが、17年からはアップダウンがほとんどなく、風の影響も受けにくいコースに変わり、一気に超高速化しました。25日のレースは、1人目のペースメーカーのペースが今ひとつ安定せず、前世界記録保持者のウィルソン・キプサングも途中棄権してしまいましたが、ペースが安定してキプサングと競るような形になっていれば、タイムはさらに縮まったでしょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >