2018/03/06 08:00

『医龍』『リーガル・ハイ』のスタッフが、フジテレビに見切りをつけていた!

 彼らも“泥舟”から逃げ出していた!

 今や、どんな番組でも爆死するのが“お約束”となっているフジテレビ。うっかり出演すれば「黒歴史」となり、役者の商品価値が暴落させられるとあって、芸能プロの間では「フジテレビ」と聞いただけで、“担当者不在”になるという笑い話も聞こえてくる。

 逃げ出すのは、タレントだけではない。

「先日、フジは50歳以上の社員を対象に、早期退職者募集に踏み切りました。通常の退職金に加え、最大7,000万円の特別優遇を加算するという大盤振る舞いとあって、一瞬で定員オーバーに。その一方、内定学生の辞退ラッシュも起きて、採用担当者が顔面蒼白になったそうですよ」(テレビ関係者)

 そんな“フジ離れ”は、脚本家やプロデューサーもまたしかり。

「山下智久の主演ドラマ『コード・ブルー』劇場版が7月27日に公開されます。2008年に第1期が始まった『コード・ブルー』は、昨年、第3期が平均14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。しかし、脚本家が『医龍』(フジテレビ系)、『GM~踊れドクター~』(TBS系)などを手がけた“医療ドラマの名手”林宏司氏から、『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』(共にフジテレビ系)など、恋愛ドラマが得意な安達奈緒子氏に変更となったことで、本編に恋愛要素が増えた。ファンからは脚本家を林氏に戻してほしいとの声が上がっていましたが、結局、映画版でも安達氏が続投となっています。そこへきて先日、テレビ東京が4月から“ビジネスドラマ枠”を新設することを発表。第一弾として、江口洋介主演のテレビドラマ『ヘッドハンター』がスタートするのですが、その脚本家が林氏でした。また、プロデューサーは堺雅人主演のドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の稲田秀樹氏。どうやら、優秀なスタッフは、さっさとフジに見切りをつけていたようです」(スポーツ紙記者)

 映画版では山下らが大災害に立ち向かう姿を描いているというが、興行成績が“災害レベル”にならないことを祈るばかりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >