2018/03/07 17:00

体重超過のボクシング前王者ルイス・ネリに密着していた「日本人スパイ」の存在

 3月1日に都内で行われたプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介に2ラウンドでTKO勝ちしたルイス・ネリの陣営に「日本人関係者のスパイがいた」と業界関係者が漏らしている。

「その関係者は、来日して以降のネリ付いて、情報収集に協力していたんですよ。日本のプロモーターやテレビ局の意向、コミッションの対応、さらに山中の様子とかを逐一、伝えていました」

 ネリは試合前日の計量で、53.5キロ以内とする契約を平然と破り、初回計量2.3キロオーバー、1時間45分後の再計量でも1.3キロオーバーという失態でタイトルを剥奪されたが、試合自体は予定どおり行われ、KO勝利した。

「数百グラムならまだしも、2キロ以上の超過なんて、どう見ても確信犯ですよ。というのも、チャンピオンベルトは持っていても金がもらえるとかでもない、ただの肩書きなので、剥奪されても痛くもかゆくもないんです。試合で勝つことの方が大きいんですよ。当然、減量をしなかった分だけ体調は優位でした。ただ、確信犯的に体重オーバーをすると、日本のコミッション(JBC)が試合を中止する可能性もあったので、日本人スパイを雇って情報収集していたようなんです」(同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >