2018/03/13 17:00

オープン戦絶不調のエンゼルス・大谷翔平を待ち受ける“メジャーの洗礼”とは?

 今シーズン、米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した“二刀流”大谷翔平が苦しんでいる。

 7番・指名打者で出場した12日(現地時間、以下同)のレッズ戦では、1三振を含む4打数無安打。これでオープン戦は18打数2安打、打率1割1分1厘と調子が上がらない。

 一方、投手としても登板した3試合すべてで失点。9日にはメキシカンリーグ・ティファナとの練習試合に先発、3イニングで64球を投げて6安打3四死球6失点という目も当てられない結果を残した。

 開幕まで2週間あまり、いまだ明るい兆しが見えない大谷。さらに今後、その大谷にはアメリカ特有の大きな試練が立ちはだかりそうだというのだ。

 アメリカに行くにあたり、昨年、メジャーのほぼ全球団からオファーを受けた大谷は、代理人とともに二刀流が可能かどうかを聞き取るためアメリカの各球団と面談した。さらに書類の提出を求め、厳しく審査。その過程でヤンキースなど人気球団が次々と脱落。最終的にはマリナーズ、ジャイアンツ、レンジャーズ、カブス、パドレス、ドジャース、エンゼルスの7球団に絞り、二次面談を実施。そして昨年12月9日、エンゼルスが大谷の入団の会見を開き、大争奪戦に終止符を打つこととなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >