2018/03/20 23:00

『海月姫』が、ついにフジ月9ワースト記録を更新! 救いは芳根京子、内田理央の熱演か!?

 芳根京子が、NHK連続ドラマ小説『べっぴんさん』以来の連ドラ主演を務めた、フジテレビ月9ドラマ『海月姫』の最終回(第10話)が19日に放送され、視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)止まりだった。全話平均は6.1%となり、昨年1月期『突然ですが、明日結婚します』(西内まりや主演)の平均6.65%を大きく下回り、屈辱の同枠史上ワースト視聴率を更新してしまった。

 当初、フジでは今期に、TOKIO・長瀬智也主演『フラジャイル』続編の放送を予定していたが、ヒロイン役の武井咲が“デキちゃった婚”してしまったため、企画自体がお蔵入り。代案として浮上したのが『海月姫』だった。同作は、東村アキコ氏による人気漫画だが、2014年12月に能年玲奈(現・のん)主演により、映画化されながらも大爆死しているだけに、今ドラマの前評判は極めて低かった。

 初回は8.6%と1ケタ発進。その後、6.9%→5.9%と急降下。第4話で7.5%と戻したものの、平昌五輪中継とのバッティングもあり、第5話5.3%、第6話5.0%と低迷。同五輪は閉幕したが、第7話はアップするどころか4.9%に沈んだ。以後、第8話5.0%、第9話6.0%と低空飛行が続き、最終回でも数字を上げることはできなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >