2018/03/22 19:00

神木隆之介でも救えなかった『CDTVスペシャル!』、素人エピソードが苦痛すぎると話題に……

 3月21日に『CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2018』(TBS系)が放送されたのだが、一般人の卒業エピソードに「歌番組でこれやる必要ある?」と疑問の声が上がっている。

 同番組のテーマは“卒業”ということで、3時間にわたりさまざまなアーティストが卒業ソングの生ライブを披露した。まず最初に登場したアーティストはKiroroで、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の主題歌としてお馴染みの「Best Friend」を歌唱。“卒業ソング音楽祭”という名にふさわしい名曲で、視聴者を感動させている。

 その後もサンプラザ中野くんや藤巻亮太、King & Prince、Kis-My-Ft2といった、さまざまなアーティストやアイドルが登場。彼らのパフォーマンスに視聴者からは、「キスマイのサクラヒラリが最高だった!」「ほとんどフルコーラスで歌ってくれてうれしい」「サンプラザ中野くんの『大きな玉ねぎの下で』がめっちゃかっこいい! 今までRunnerしか知らなかった」と称賛の声が。一方で生ライブの合間には一般人から寄せられた卒業に関するエピソードが紹介されたのだが、歌番組を楽しみにしていた人には不評だったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >