2018/04/13 14:00

漫画村を焼き尽くす!? 政府による“海賊版サイト”撲滅作戦に、諸手を挙げて喜べない理由

 政府が今月中にも、犯罪対策閣僚会議を開催し、インターネットプロバイダーに対して、海賊版サイトのブロッキングの要請を正式に決定するとの報道が流れている。

 この報道によって、いよいよ逃亡を計画しているのか、海賊版サイトの代名詞となった「漫画村」は一時的に表示できなくなるという事態も発生した。

 いよいよ政府が動き出した「漫画村」を焼き尽くす作戦。だが、これに対して次々と反対の声が上がっている。

 漫画村の撲滅は、作者や出版社、正規品を購入する一般ユーザーにとって共通した願いのはず。ところがコンテンツ文化研究会、情報法制研究所、インターネットコンテンツセーフティ協会、インターネットユーザー協会など、さまざまな団体や有識者から、反対の表明がなされているのだ。

 その理由は、実は言論/表現の自由とも密接に関わっていることは、おわかりだろうか。

 日々、日本国内だけでも無数の人々がインターネットを用いて、自分の知りたい情報にアクセスをしている。技術的には可能だけれども、個人がどこのサイトにアクセスしているかは「通信の秘密」によって、第三者に漏洩したりしないように保護されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >